働いてなくてもお金借りれる方法について

お金を借りるとなると通常は安定した収入があることが条件となります。しかしながら、実際に家計の管理をしているのは主婦です。専業主婦など働いてなくてもお金借りれるところを知っておいた方が、冠婚葬祭などの臨時の出費があった場合にも安心です。

 

以前は専業主婦でも借入しやすかったのですが、2010年の貸金業の改正により状況は変わりました。安定した仕事をしている夫の同意書が必要となったのです。
ただ家計管理をする身としてはお金が足りなくなったことは一時的にではあっても夫に知られたくないもの。そういう場合に新生銀行のレイクなら夫に内緒でカードが作れ、キャッシングができるのでおすすめです。銀行グループに入っているため年収の3分の1までしか借りられないという総量規制がかからないのです。銀行グループに適用されているのは銀行法、こちらは稼ぎの無い主婦が利用することも禁止されてはいません。レディースレイクという女性向けの商品もあり、利用しやすいのも特徴です。

 

ただ、主婦であっても信用は大事です。利用の際には免許証やパスポートなど個人を証明できるものが必要となりますし、過去のクレジットカードなどの利用状況というのも関わってきます。万が一そういったものに難があれば審査に通過できない可能性もあるので、日頃から計画的に利用している必要があります。

 

臨時の出費があったときの万が一に供えて、選択肢の一つとしてカードを持っておくと便利です。