銀行カードローンと保証会社の関係とは

銀行カードローンといえば、以前は利用条件が厳しくサラリーマンや公務員といった安定した職業にあり、かつ一定の収入を得ている人が対象のローン商品でしたが、現在では消費者金融なみに利用条件を緩和したものも多くあります。利用条件を緩和したサービスでは、金利は消費者金融並みといったデメリットがあるものの、豊富なATM網を利用して借入と返済ができますし、提携ATMが豊富といったメリットがあります。また消費者金融から借り入れていると印象を悪くとられますが、銀行であれば普通にお金を引き出しているように見えるといった外聞的なメリットもあります。

 

このようなカードローンが登場した背景には、貸金業法の規制強化されたことが影響しています。貸金業法が規制強化された結果、原則、年収の3分の1までの融資しか行えなくなり、また50万円以上、他社合わせて100万円以上の借入を行う場合には所得証明書の提出が義務付けられるなど、貸金業の環境が悪化して収益が悪化しました。
このため大手消費者金融の株式会社アコムは三菱東京UFJの子会社となっていますし、プロミスは三井住友銀行の子会社となりSMBCコンシューマーファイナンスという社名に変更されるなど業界再編が行われて現在に至ります。
一方でこれらの消費者金融では銀行カードローンの保証業務を新たな事業の収益源としており、保証会社の業務も行うようになっており、利用条件の緩やかな銀行カードローンの保証人となっています。