カードローンにおける総量規制とは

カードローンの総量規制というのは、かつて高金利の貸付を繰り返したために生活が困難となり、自己破産に陥ってしまった人が増えて社会問題化したところから、貸金業法の改正によって新たに設けられた規制のことをいいます。その具体的な内容ですが、貸金業者からの借入をするにあたっては、年収の3分の1を超えないようにしなければならないというものであり、複数の貸金業者との取引をしているのであれば、すべての業者からの分をあわせた総量が、該当する金額を超えないようにする必要があります。この場合の年収というのは、給与や年金、事業所得などの定期的で確実性のある収入のことであり、宝くじや競馬などによる一時的な収入は含まれません。そのため、借り手側からすれば、年収の何倍もの借金を背負い、いわゆる雪だるま式に借金が膨れ上がるということは避けられる反面、昔よりもきわめて借りにくくなったということもできます。ただし、この規制は、基本的には個人による資金の借入を想定していますので、たとえば、クレジットカードを利用したキャッシングは当然対象になってくるものの、同じクレジットカードを利用するのであっても、商品を購入する場合は対象外になるなどの、微妙な取扱い上の違いがあります。また、銀行のような金融機関はそもそも貸金業者ではありませんので、銀行が貸付をする一般的なローンであれば、カードローンタイプのものも含めて、この総量規制の範囲から外れており、ある程度のまとまった金額であったとしても可能となります。