家族や会社にばれないキャッシング方法とは

急なお金の入り用などで、消費者金融会社や銀行で借り入れローンをしたい場合に、家族や会社にばれないように契約するにはどうしたらよいでしょうか。

 

まず家族にバレないようにするなら、それほど難易度は高くないかもしれません。
1番重要なのは契約後のキャッシングカードの受け取り方法です。

 

実際に店頭で受け取れるのであれば問題ないでしょう。サービス申し込みの際に「家族に内緒」の旨を伝えると尚の事良いでしょう。

 

支払いが大幅に遅れるなどしなければ、自宅に督促のハガキが届いたり、自宅に連絡がきたりはまずあり得ません。

 

しかし住所確認の意味もかねて、郵送にてカードが送られてくるケースは要注意です。
銀行系のカードローンはこのタイプが多いかもしれません。それから会社にバレないようにするのは少し難易度は上がります。

 

それはどうしても在籍確認で会社への連絡が必須であるというところが多いからです。
もちろん会社名を名乗って電話するわけではなく、個人名でかけてくれるので、即バレるようなことはないかもしれません。

 

しかし勘のいい人や疑り深い人が対応した場合は「あれってもしかして…」ということになりかねません。

 

希望する借り入れ額が多いと、確認は必ず必要になってくると言えますが、借り入れ希望額が少額で、先方が提示した必要書類を用意さえすれば、それを在籍確認書類と認定してくれて、電話確認自体がない会社もあります。

 

ローンを検討されている方は、担当者に色々相談したり、しっかり話を聞いた上でのご利用をオススメします。それから消費者金融をご利用されるのであれば、信用や対応といった側面から絶対に「大手」をオススメします。